PAGE TOP

腰痛専門 腰痛専門 神戸いろは整体院 腰痛専門 神戸いろは整体院

  • お電話でのお問い合わせは080-5710-5678まで。
  • メールでのお問い合わせはこちらまで。
  • LINEでご予約
  • LINE
  • お電話でのお問い合わせは080-5710-5678まで。
  • メールでのお問い合わせはこちらまで。

脊柱管狭窄症はリハビリや整体で改善する!?

神戸市灘区 腰痛専門 整体院

脊柱管狭窄症 改善 ブログ

 

脊柱管狭窄症 原因

 

脊柱管狭窄症は、黄色靱帯の肥厚

 

椎間板の膨隆・椎間関節の変形による

 

解剖的な要因と、骨盤(股関節)や

 

脊柱のバランスが悪くて起きる

 

2次的要因があります。

 

脊柱管が狭窄している解剖的な要因は、

 

リハビリや整体で改善する事は出来ません!!

 

しかし、2次的な要因である骨盤や

 

脊柱のバランスが悪くて起きている場合、

 

リハビリや整体で改善出来ると

 

私は考えています。

 

 

 

これは脊柱管を広げる腰痛体操です。

 

ぜひ、試してください。

 

このストレッチで寛解する場合、

 

あなたの脊柱管狭窄症は改善します!

 

 

 

また脊柱管狭窄症と診断されている方の

 

症状が、脊柱管狭窄症の症状ではなく、

 

筋筋膜性の疼痛(慢性腰痛)の場合が

 

非常に多くあると感じています。

 

脊柱管が狭窄し神経を圧迫すると

 

  • 間欠性被行(馬尾神経の血液循環)
  • 神経圧迫による感覚麻痺
  • 神経圧迫による運動麻痺
  • 神経圧迫による坐骨神経に沿った痛み・痺れ

 

といった症状があります。

 

腰が痛い・お尻が痛い場合のほとんどが、

 

慢性腰痛だと考えて問題ありません。

 

理由

 

同じ姿勢が長時間続くと筋肉が硬くなり

 

結果、筋肉が硬くなる事により腰痛発症!

 

筋緊張が長期間続くと

 

どうなるでしょうか?

 

筋肉は骨から骨に付着する事により

 

関節を動かしています。

 

そのため偏った筋緊張が継続すると

 

骨が変形します。

 

  • 椎間関節が変形
  • 椎間板が突出
  • 黄色靱帯が肥厚

 

そのため慢性腰痛脊柱管狭窄症

 

混在している事が多くある。

 

画像所見で脊柱管が狭窄していても

 

神経圧迫症状が無ければ、

 

脊柱管狭窄症本来の症状ではありません。

 

お風呂に入って症状が緩和する場合、

 

筋肉の症状だと考えて下さい。

 

間欠性被行について

 

間欠性被行は脊柱管狭窄症だけではなく

 

慢性動脈閉塞症でも起きるため

 

判別する必要があります。

 

  • 脊柱管狭窄症
  • 慢性動脈閉塞症
  • 両方混合

 

自転車に乗っていると楽、

 

立ち止まる前に屈むと楽になる場合など

 

脊柱管狭窄症からの間欠性被行だと

 

考えられます。

 

足背動脈の減弱、

 

立ち止まってだけで楽になる場合など

 

動脈硬化症だと考えられます。

 

 

混合している場合もあります。

 

脊柱管狭窄症は

  • 黄色靱帯の肥厚
  • 椎間板の膨隆
  • 椎間関節の変形

 

による解剖的な要因と、

 

骨盤(股関節)や脊柱のバランスが

 

悪くて起きる要因があります。

 

脊柱管狭窄症 リハビリ 整体

 

リハビリや整体で間欠性被行の症状が改善する事が多くあります。

 

それは、股関節の柔軟性であったり

 

脊柱のバランスが良くなるためです。

 

脊柱は頚椎7個、胸椎12個、腰椎5個の

 

椎体という骨があり、1つ1つの骨が関節しています。

 

もし、あなたの脊柱の椎体の関節(椎間関節)が

 

竹がしなる様に全体的に動く様になればどうなるでしょうか?

 

マッサージでは脊柱は柔軟になりません。

ボキボキ矯正ではリスクが高い!

 

脊柱管狭窄症の機能的な要因は、

 

リハビリ整体により改善する!

 

 

脊柱管狭窄症 リハビリ

整体院 

神戸いろは整体院

080-5710-5678

神戸市灘区 JR灘駅 徒歩3分 阪神岩屋駅 徒歩1分 阪急王子公園駅 徒歩10分

https://nadaku-youtuu-seitai-iroha.com/symptom/脊柱管狭窄症/

 

椎間板ヘルニア

坐骨神経痛

脊柱管狭窄症

変形性腰椎症

分離症

すべり症

ギックリ腰

産後の骨盤矯正

 

でお悩みの方はご相談ください

LINEで送る
Pocket