PAGE TOP
  • お電話でのお問い合わせは080-5710-5678まで。
  • メールでのお問い合わせはこちらまで。
  • LINEでご予約
  • LINE
  • お電話でのお問い合わせは080-5710-5678まで。
  • メールでのお問い合わせはこちらまで。

脊柱管狭窄症の姿勢について

神戸市灘区 腰痛専門 整体院

 

神戸いろは整体院の 確井です。

 

今回は、脊柱管狭窄症の方の姿勢

 

についてお伝えします。

 

 

脊柱管狭窄症の特徴として

 

長い距離歩けない。

 

2〜3分歩くと腰が怠くなる

痺れてしまう。

 

椅子に座ったり、しゃがんむと楽になる

 

長い距離歩けないが自転車は楽。

 

 

それでは、なぜ、おこるのでしょうか?

 

歩いたり、立っている姿勢が

 

腰が反ってしまうからです。

 

腰が反ると脊柱管が狭まります!!

 

 

皆さん、学生時代に朝礼で、

 

起立! 気をつけ! 休め!

 

をしたと思います。

 

 

起立 気をつけ!の起立姿勢は

 

腰が反ります!

 

休め!の脱力した状態は

 

腰が丸くなるため

 

腰が反らない!

 

良い姿勢に見えないかも知れませんが、

 

現在のあなたにとっての

 

休め!の脱力し、前に屈んだ状態が

 

良い姿勢になります。

 

 

現在、長い距離歩けない方や

 

体を反ると坐骨神経痛が出てしまう方は

 

脱力し体を前に屈めて歩いてください。

 

ずっと屈んだ状態で

 

生活しなければいけない訳ではありません。

 

股関節・胸郭の柔軟性を高めまれば

 

自然な起立姿勢で

 

腰が反らない状態になります。

 

 

脊柱管狭窄症専門 

整体院 

神戸いろは整体院

080-5710-5678

灘駅 徒歩3分 岩屋駅 徒歩1分

LINEで送る
Pocket