PAGE TOP

腰痛専門 腰痛専門 神戸いろは整体院 腰痛専門 神戸いろは整体院

  • お電話でのお問い合わせは080-5710-5678まで。
  • メールでのお問い合わせはこちらまで。
  • LINEでご予約
  • LINE
  • お電話でのお問い合わせは080-5710-5678まで。
  • メールでのお問い合わせはこちらまで。

間欠性被行の症状

神戸市灘区 腰痛専門 整体院

脊柱管狭窄症 改善 ブログ

 

間欠性跛行

 

間欠性跛行は、しばらく歩いていると

痛みや痺れが現れるため

長時間歩けなくなり

立ち止まり、休憩すると

歩けるようになる症状です。

 

間欠性跛行の2つの原因

 

①神経性(神経性脊柱管狭窄症)

 

②血管性(動脈硬化)

 

見分け方

 

①脊柱管狭窄症の方は、自転車に乗ったり、座ったり、前に屈むと症状が緩解します。腰を前に丸める(後弯)と神経の通る道が広がるためです。

 

②血管性の方は、止まって休むだけで症状が回復します。痺れは無く動脈の減弱が見られます。

 

脊柱管狭窄症による

間欠性跛行

 

  • 歩いている時は【腰が反るため】脊柱管が腰の根元の部分で狭窄しやすい。
  • 自転車に乗ったり、前に屈むと楽になるのは腰が丸くなるため、脊柱管が広がる為です。

 

そのため、脊柱管狭窄症の方は、

前かがみの姿勢になりやすく

背中が丸くなってしまう。

 

そのまま歩かない日々が

長期間続いてしまうと

筋力が低下し、歩けなくなります。

その為、長い距離が歩けなくても

毎日歩く事が

症状を進行させない為にとても重要です。

しかし、

体が強張ってくると

一人での歩行が困難になります。

 

歩くのが一人で困難な方は、赤ちゃんのように

 

ハイハイ歩きをして下さい。

膝が痛い方は、膝当てを購入して下さい。

 

当院では運動療法中心

姿勢良く歩けるように

脊柱管狭窄症に特化した整体を行います。

 

 

間欠性跛行から卒業するには

投薬ではなく

脊柱管狭窄症に特化した整体で

姿勢良く歩けるように訓練をする事により

自然と休まなくても

歩けるようになります。

 

 

脊柱管狭窄症について学べるHP

↓    ↓    ↓

https://nadaku-youtuu-seitai-iroha.com/symptom/脊柱管狭窄症/

 

慢性腰痛専門の整体院 

神戸いろは整体院

080-5710-5678

 

椎間板ヘルニア

坐骨神経痛

脊柱管狭窄症

変形性腰椎症

分離症

すべり症

ギックリ腰

産後の骨盤矯正

 

でお悩みの方はご相談ください

LINEで送る
Pocket